行政書士tomoのブログ ~2012年度合格 独立開業を目指します!~

2012年度の行政書士試験に一発合格しました!次は社労士試験合格を目指し勉強中です!!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

一人夏合宿2日目 行政不服審査法 

行政法、難しいです。。。
何だろう、イメージしにくいというか、
トレーニング問題は解いていますが、
実際の問題がまだどんな感じか分からず、
不安だらけです。

とりあえず今は、
テキストとトレーニング問題で知識を頭に詰め込んで、
一通り全部終わるまでは、辛抱するしかなさそうです。

分からないものも、
5回、6回繰り返している内に、分かってくるもの!
そう信じて繰り返すしかありません。

行政不服審査法は、まだ1回目ですから、
よく分からなくて当然のはず。

明日は行政事件訴訟法を一通りやります。

行政法の講義は、あと6回×約3時間です。
今週中に、4講義か5講義、Webで終わらせる予定です。
もちろん、トレーニング問題にも取り組み、理解度を確認しながら。

明日は民法もやりたいです。
多少理解が深まっている民法の方が、取り組んでいて面白い。
全科目がこの状態になれば、
毎日の勉強ももっと面白くなるんでしょうか。

だいぶ面白くはなってきましたが、
行政法はまだまだキツイです。

明日も早起きして頑張ります!!


励みになります♪
↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 未分類

TB: 0    CM: 2   

コメント

行政法は、頭の切り替えが必要。

法理論は、いわば総論めいた話について。

3法は、事前と事後救済をイメージ。
事前救済の行政手続法。
事後救済を行政に求める行審法と、裁判所に求める行訴法。
法理論と頭を切り替えて、どこの話を学習しているかイメージ。

地方自治法は、法理論とも3法とも別の話。どちらかというと、国レベルの話が憲法統治パートと地方レベルの自治法と比較しながら学習すると理解がすすみます。

民法のように最初から最後までやらないとわからないというものではなく、パート、パートに区切って頭を切り替えながら学習するのがコツです。

最初からとおしで勉強するとわけがわからなくなるので、攻略のコツは、3法とかであれば、行手法を勉強したら、すぐに過去問で演習するという具合に、細切れのパートごとに学修すれば、行政法がもっとも得点しやすいとわかります。

逆に、行政法ができない人は、受験はあきらめたほうがいいとTACのテキストにもかいてましたね。

#- | URL | 2012/07/25 01:30 | edit

Re: タイトルなし

アドバイスありがとうございます!
各項目のイメージを掴みながら学習して行きたいと思います。
今日は行訴法を勉強するので、
一通り終わったら、行訴法の全体像を掴むようにします。

「行政法がもっとも得点しやすい」
ココを今回のアドバイスのポイントと理解し、
諦めずに頑張ります!!

tomo #- | URL | 2012/07/25 08:24 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://gyoseishoshitomo.blog.fc2.com/tb.php/110-55ac5f14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。