行政書士tomoのブログ ~2012年度合格 独立開業を目指します!~

2012年度の行政書士試験に一発合格しました!次は社労士試験合格を目指し勉強中です!!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

3月の月末に参加したイベント2つ 

あまりに素晴らしいイベントだったので、ご報告させてください。

①行政書士講座の講師を囲む会 in 渋谷

学校に通って試験に合格すると、こういう特典もついて来るんだなーと、
本当に自分はラッキーだなと思います。
だって私の場合、がっつり通ったわけではなく、
オプション講座をいくつか取らせていただいただけだからです。

でも、講師への愛は、かなり強いと思います!
だからこそ、参加させていただいています。

さて、囲む会には、今年度試験合格者、昨年度試験合格者、行政書士の先生、そして講師と、
計30名近くが参加しました。
私はこういった会にはいつも1人で参加するのですが、
(参加前には緊張してお腹が痛くなりますが、、、)
会場へ行ってしまえば、色んな人と話すことが出来ますし、
意外と知っている人が数名いたりするものです。

私が会ったことのある合格者、行政書士の先生は、本当に良い人が多く、
お酒の席と言っても、ただの飲み会にはならず、本当に勉強になります。
開業へのモチベーションは上がるばかりです。

その中で、
ベテランと言える行政書士の先生のお話を2つ。

開業5年目という40歳目前の先生のお話。
■1つの案件に対して、やり方は1つではない。それによって、かかる費用も変わってくる。
■自分の仕事には金額を低く設定しない。それだけの価値のある仕事をしているから。

とても自信のある話し方の裏に、私は努力のあとをはっきりと見つけました。
この先生には「やり手」という言葉がぴったりで、おそらく何で独立しても成功する方だと思います。


もう1人。こちらも開業5年目、30代半ばの先生のお話。
(メルマガの感想等をお話ししたところ)
■メルマガはブログと違い反応が分からないため、不安な部分がある。読者はありがたい。
(社労士試験を受検すると話したところ)
■社労士は女性が向いていると思う。社労士の先生と仕事をすることもあるが、女性が多い。

こちらの先生は、ブログ、メルマガをずっと読ませていただいていたので、
会えたことにまず感激しました。
そして、良い人具合が想像以上で、ますますファンになりました。



②TOEICに情熱を注ぐ100名が大集合 in 新宿

行政書士の勉強をする直前まで、私はTOEICにはまっていました。
2年くらいはまっていたのですが、その理由は、素晴らしい仲間の存在があります。
そして、魅力的なTOEIC講師の存在も大きいです。

ブログから始まり、集まって勉強したり、対談したり、
その様子をインターネットラジオで放送して、掲示板の書き込みに答えて行くというような、
ちょっとオタクっぽいイベントも何回か経験させていただきました。

オフ会も普通ではなく、
たいてい集まった参加者の平均スコアは900点を超えているため、
(いや、950点を超えていたかもしれません)
ただ飲むだけでなく、受付でいきなりテストとか、
飲んでる途中に英語の音声が流れて、それをグループに分かれて書き取る大会(?)が始まります。
みんな本気で勉強している人たちなので、酔ってても真剣、
キャッキャッとはしゃぎながら、書き取って行った覚えがあります。

そんな仲間の2人が、TOEICの問題集を出しました。
これは普通のことではありません。
それで、お祝いをしようと、ブロガー、TOEIC講師、出版社の人、
総勢100名近くが集まったというわけです。

講師はTOEICだけでなく、英語に通じている方ばかり。
スピーチも半分以上が英語だったと思います。
それも素晴らしい内容で、発音がとてもキレイでした。
内容に興味があれば聞き取れるんんだなーと感じました。

仲間の活躍はとても良い刺激になります。
これからも頑張っている姿をたくさん見せていただいて、励みにしたいと思います。

私も頑張る!!!


励みになります♪
↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。