行政書士tomoのブログ ~2012年度合格 独立開業を目指します!~

2012年度の行政書士試験に一発合格しました!次は社労士試験合格を目指し勉強中です!!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

入門講義3回目は民法 

暖かいと聞いていたのに、かなり寒い一日でした。
学校の教室も、冷え切っていました。

さて、今日の入門講義は民法です。
民法の条文は、1044もあるそうで、
行政書士試験に出る条文は、そのうち600くらいだそうです。
かなり多いです!

民法というと、
相続や結婚、離婚、養子、
不動産の売買やお金の貸し借り、
そこで発生するゴタゴタをまとめるルールというイメージですが、
意外にも、イメージ通りの法律でした。
(入門講義の時点、ですが)

というのも、実はだいぶ昔になりますが、
司法書士事務所で3年間補助士をしていたことがありまして、
そのときに、抵当権の設定や会社登記で、法務局を何往復もし、
登記簿を閲覧したり、謄本を取ったり、
あとは、相続の相談を司法書士の先生の近くで聞いたりしていたので、
何となくイメージができたのです。

あの時、司法書士の先生が、行政書士をバカにしていたことも思い出しました。
「ここから先は、あの方たちにはできないんです」
なんて、よく得意げに言っていました。

細かいことはすっかり忘れてしまいましたが、
おかげで抵当権や相続と言う言葉自体には抵抗がなく、
勉強に対する抵抗も、少し取り除いてくれるかもしれません。
あのときは色々ツライことが多かったけど、
今回少しでもプラスになれば、甲斐があったというものです。

民法に関しては、かなりの難問らしく、
難易度も数の多さも、他の科目を抜いていて、
何度も何度も繰り返すことで、覚えてしまうしかないそうです。

今日は入門だったので、法律用語の説明が多かったですが、
身近な事例が多かったので、興味深く聞けました。
この「身近」に思えるところが、
逆に難しさを引き立たせるそうなので、
難しさを意識しながら、取り組んで行こうと思います。

今日、余談として面白いなーと思ったのが、

「養子にするのは、年下でなければダメ」

という話でした。
そういうことまで、法律で決まっているんですね~。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。